スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年度のワクチン情勢

3ワクチン(子宮頸がん・Hib・小児肺炎球菌)の定期接種化が決定
喜ばしいことですね・・・・・

麻しん風しん(MR)混合ワクチン3期・4期が2013年3月末に終了予定

該当する方でまだワクチンをうけていない場合は3月までに接種しましょう。
風しんが流行しています。風しんは妊婦さんに感染した場合胎児奇形を起こすことがあります。昨秋以降先天性風疹症候群が6例もみられています。必ずワクチン接種を行いましょう。
スポンサーサイト

不活化ポリオと4種混合ワクチン

子供の頃使っていたホワイトボードをたまたま発見したので何か活用できないかと思い、こうなりました。
中玄関においております。いろいろな情報を発信できればと思います。
ブドウの下のもみじは私が書いたのですが・・・ヒトデにしかみえませんwww
絵心がなさ過ぎます。。。



ちなみに札幌では不活化ポリオワクチンの品薄状況が続いていますが、11月から始まった4種混合ワクチンの方も早くも供給不安が始まっております。

生ワクチン?不活化ワクチン?どう違う??? そして不活化ポリオワクチン導入へ・・・

近くの保育園の保健便りに本年度から掲載させて頂いています。その第1弾コラムを転載します。

予防接種(ワクチン)は、毒性を無くす、あるいは弱めた病原体を接種することで体の中に抗体(免疫)を作り、感染症が広がるのを未然に予防するためのものです。

大きく分けて予防接種には、生ワクチンと不活化ワクチンの2種類があります。生ワクチンは、MR(麻疹・風疹)ワクチン、おたふくかぜワクチン、水痘ワクチン、BCGなどがあります。一方、不活化ワクチンは、三種混合(DPT)・インフルエンザワクチンをはじめ、肺炎球菌やヒブワクチンなどが挙げられます。
では、2種類のワクチンの違いはどこにあるのでしょうか?生ワクチンは毒性をきわめて弱くしたウイルスを使用しています。一方不活化ワクチンは一度ウイルス(細菌)を殺して、いろいろな処理をした上で免疫をつけるように作られています。生ワクチンはウイルスそのものなので一般的に不活化ワクチンに比べて免疫がつく力が強く、また免疫が持続する期間が長いのが特徴です。一方、免疫獲得力の弱い不活化ワクチンは数回に分けて接種し、免疫を高める(ブースター効果)必要があるのです。
副作用に関しては生ワクチンが一概に強い・多いとは言えず、ワクチン個々に考えるべき問題ですが、最近ではポリオワクチンの副作用話題がマスコミを賑わしました。我が国では1964年に生ポリオワクチン(OPV)を定期接種開始して以来ポリオの流行は激減し、1981年、根絶しました。多くの子どもの命が救われたのです。これはOPVの強い免疫効果の恩恵です。しかしながら約100万人中1人の頻度でワクチン関連性麻痺が出てきたのです。ポリオが根絶された国々ではすでに不活化ポリオワクチン(IPV)を採用されている中、未だにOPVを接種していることが問題視され、我が国でもようやくこの秋から、おそらく9月からIPV(4回接種)が導入されます。さらに11月からはDPT+IPV=四種混合ワクチンが出てくる予定です。最近のワクチンスケジュールは大変過密なため、近くの小児科で相談されると良いかと思います。


予防接種スケジューラー

もうすでにワクチンの同時接種が普通に行われて久しくなりますが、昨秋にロタワクチンが発売されて以来、ワクチンスケジュールが過密になり、場合によっては医療従事者側も苦慮することが多くなってきました。2ヶ月から速やかにワクチンをすることが最も重要ですが、ワクチン接種開始時期が3ヶ月からだと思っているお母さん方もいます。9月から不活化ポリオも開始されますます忙しくなります。

スマホ向けに予防接種スケジューラーという無料アプリがあります。興味がある方は下記アドレスからどうぞ。

http://www.know-vpd.jp/vc_scheduler_sp/index.htm

ヒブ・肺炎球菌ワクチン・子宮頚がんワクチンの接種事業延長について

昨日は休日当番で、江別、厚別地区を中心にたくさんの患者さんが受診されました。そのほとんどがインフルエンザでした。先週後半から急速に増えてきたような気がします。昼過ぎからは低血糖なのか、口も回らなくなりましたが、どうにかタフマン補給し乗り切りました。

さて上記ワクチン事業ですが平成24年度分の予算が通りました。早く定期化が望まれるところです。

ヒブ・肺炎球菌: 生後2カ月以上、5歳未満

子宮頚がんワクチン: 中学1年から高校1年に相当する年齢です。但し昨年のワクチン供給不足に伴う経過措置として平成24年3月末までに初回接種を終えている場合に限り、新高校生2年生になっても補助対象になります。
接種希望の高校1年生は3月末までに必ずお受け下さい。
プロフィール

suzukimasa

Author:suzukimasa
北海道江別市大麻にある小児科医院です
〒069-0843
北海道江別市大麻扇町3-4  ℡(011)386-5303
診療時間:午前9時~12時、午後13時30分~17時(水・土は午後休診)
休診日:日曜日、祝日

大麻西地区センター西隣です
江別方面から:2番通りを札幌方向に突き当たりのT字路を左に曲がるとすぐわかります 札幌方面から:3番通りを江別方向に大麻高校を経てセブンイレブンとENEOSのあるT字路を右折、右手にみえてきます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。