FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザ流行期に・・・

 大麻でも小学校を中心にインフルエンザが増えてきました。先週、今週、それぞれ10人弱程度陽性が出ています。
ほとんどがA型で、報道によると香港型と呼ばれるタイプです。発症早期[48時間以内]に抗インフルエンザ薬を投与を行えば、翌日には解熱傾向になるようです。
 インフルエンザが流行するとRSウイルスやアデノウイルスなど他のウイルスはなりを潜めます。
うがいの効果は定かではありませんが、適切な湿度管理と手洗いが感染予防に有効です。
スポンサーサイト

感染動向

本日で本年度の診察は終了致しました。

先週辺りからインフルエンザも流行の兆しがありますが、本格的な流行は冬休み明けになることと思います。他にもアデノやRSウイルスなどがいぜんとして流行していますが、ノロなどの胃腸炎は例年に比べ少ないようです。

年末の慌しさを感じる また日々寒さが増します頃ですが、お風邪など召しませぬようお体に気をつけて 晴れやかな新年を お迎えになられますよう 心よりお祈り申し上げます

感染動向

一雨ごとに寒くなる季節ですが、今日も快晴で暖かい日が続いていますが日没が早いですね。間違いなく11月です。

10月下旬よりいわゆる一般的な風邪は落ち着いてきたように思います。マイコプラズマ肺炎も少なくなってきました。当院では溶連菌はみかけません。RSウイルス気管支炎はとある幼稚園で小流行。水痘、おたふく風邪は散発、アデノウイルス扁桃炎もみれれました。といった状況です。   感染症以外では喘息発作が多くなってきました。

RSウイルス抗原検査

最近はインフルエンザと同じようにマスコミ等を賑わしブランド化されつつあるRSウイルス。

RSウイルス抗原検査が外来において以下の場合のみ保険適応となりました。
①乳児
②パリビスマブ製剤(シナジス)の適応となる患者

乳児って具体的な年齢の記載がないが。。。たぶん1才までなのでしょうか?

毎年、冬から春に流行するウイルスで気管支炎、細気管支炎、肺炎などを起こします。RSウイルスは乳児の70%が1歳までに感染を受け、2歳までに100%がかかるとされます。発熱・咳漱・鼻汁・喘鳴等が一般的な臨床症状ですが、もっとも注意が必要なのは新生児~乳児期早期です。呼吸困難が強く、無呼吸を起こすこともあり重症化しやすいのです。

そのため外来での保険適応が切望されていたわけですが、ようやくという感じです。やはり世論(マスコミ)の影響が絶大なのでしょうか?

感染動向と休日当番について

感染動向って。。。そこまで大それたものではありませんが少し・・・

風邪が流行ってきましたが、10歳前後で肺炎を併発する患者さんがいらっしゃいます。
いずれも高熱が持続、熱の翌日から咳がひどくなるようです。マイコプラズマの臨床像でもありますが今のところ抗体の上がりが今ひとつ・・・つまりマイコプラズマではないかもしれません。

10月9日(日) 9:00-17:00 休日当番になっております。
大院長が辞めてからですから、何年ぶりの再開になるのでしょう?私ももちろん未経験で、少しドキドキですが、誠心誠意診させていただきます。



プロフィール

suzukimasa

Author:suzukimasa
北海道江別市大麻にある小児科医院です
〒069-0843
北海道江別市大麻扇町3-4  ℡(011)386-5303
診療時間:午前9時~12時、午後13時30分~17時(水・土は午後休診)
休診日:日曜日、祝日

大麻西地区センター西隣です
江別方面から:2番通りを札幌方向に突き当たりのT字路を左に曲がるとすぐわかります 札幌方面から:3番通りを江別方向に大麻高校を経てセブンイレブンとENEOSのあるT字路を右折、右手にみえてきます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。