スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳児の湿疹について③

暑い日が続いています。典型的な手足口病とまではいかないのですが夏風邪が引き続き流行っています。

前回(乳児の難治性の湿疹)の続きです。卵なんてまだ小さいのだから食べさせたことないのに・・・と思うでしょう。
実はミルク栄養児にはまれです。母乳栄養児に多くみられるのです。母親が卵を摂取していると母乳を介して感作されることにより皮膚に湿疹が出来てくるのです。近年アレルギーは皮膚からはじまってゆくということも分かってきました。
卵は食べていませんというお母さんもいらっしゃいますが・・・・ケーキは?と問うと・・・・ あっ食べてますと・・・・・・

お母さんに卵の摂取をやめてもらうと湿疹は劇的に良くなることが多いです。

アトピーと食物アレルギーは互いにオーバーラップする部分もありますが、この場合食物アレルギーによる湿疹として独立した概念で良いのかと考えます。
スポンサーサイト

乳児の湿疹について②

前回の続きです。その前に昨日の高校野球北海×駒大苫小牧はすごい試合でしたね。両校に拍手を送りたいです。
曇り空にもかかわらず私も日に焼けてしまいました。

軟膏を塗れば湿疹は良くなるのに塗布中止した途端再び湿疹が・・・

ではアトピー性皮膚炎か?私の印象では乳児期から発症するアトピーのお子さんも確かにいらっしゃいますがそれほど多くはありません。アトピーの原因は食べ物と一番最初に浮かんでくると思いますが、その病因・病態は遺伝的体質論からカビが原因だとか諸説が様々で、多岐にわたり結論は出ていません。治療方法や効果も個々によって差が生じるため様々な民間療法が氾濫してくるのです。ただスキンケアが最も重要なことは間違いありません。

乳児湿疹が終わる頃なのに体幹にまで逆に悪くなってゆく湿疹の原因は・・・・・
軟膏を塗れば湿疹は良くなるのに塗布中止した途端再燃する難治性湿疹の正体は・・・・

食物、特に 卵アレルギー なのです。 

乳児の湿疹について

湿疹といってもいろいろあります。
今回は乳児の湿疹についてフォーカスします。
生後1ヶ月ぐらいから顔を中心にカサカサしたり赤くぶつぶつが出てきたりします。少し悪くなってくると黄色く脂っぽくかさぶたが形成されます。これは乳児湿疹、別名脂漏性湿疹といわれるものです。赤ちゃんニキビのようなものですから石鹸で顔を洗ってあげることが大事です。時期的なものなので生後2~3ヶ月を過ぎると自然に良くなります。
しかし・・・その後も湿疹がよくならない・・・体にも四肢にも出てくる。アトピーなのでしょうか??
プロフィール

suzukimasa

Author:suzukimasa
北海道江別市大麻にある小児科医院です
〒069-0843
北海道江別市大麻扇町3-4  ℡(011)386-5303
診療時間:午前9時~12時、午後13時30分~17時(水・土は午後休診)
休診日:日曜日、祝日

大麻西地区センター西隣です
江別方面から:2番通りを札幌方向に突き当たりのT字路を左に曲がるとすぐわかります 札幌方面から:3番通りを江別方向に大麻高校を経てセブンイレブンとENEOSのあるT字路を右折、右手にみえてきます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。