スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ABC(胃がんリスク)検診について

胃がんや胃潰瘍の原因としてピロリ菌感染がよく知られています。逆にピロリ菌感染のない人から胃がんが発生することはごくまれであることも分かってきました。また胃粘膜が荒れて萎縮している人ほど胃がんになりやすいことも分かってきました。胃粘膜の萎縮の程度は、胃から分泌されて消化酵素ペプシンのもとになるペプシノゲンという物質の血液中の濃度を測定することでわかります。

胃がんリスク検診(ABC検診)とは、ピロリ菌感染の有無(血清ピロリ菌抗体)と胃粘膜萎縮の程度(血清ペプシノゲン値)を測定し、胃がんになりやすい状態かどうかをA~Dの4群に分類する新しい検診法です。

判定 区分 ピロリ菌 ペプシノーゲン
正常 A 陰性     陰性
異常 B 陽性     陰性
異常 C 陽性     陽性
異常 D 陰性     陽性

A群 胃は正常、胃癌発症の可能性は極めて低い。
B群 胃癌発症のリスクあり。胃潰瘍にも注意。
    最低3年に1回の胃内視鏡が必要。
C群 胃癌発症のリスク高い。
    最低2年に1回の胃内視鏡が必要。
D群 胃癌発症のリスク極めて高い。
    毎年胃内視鏡が必要。

上記の大まかな解釈としては、AからDへいくほど悪いと考えて下さい。ピロリ菌感染によって胃がんのリスクは上昇する(B群)、ピロリ菌感染に加え胃粘膜の萎縮ある、もしくはピロリ菌感染の結果胃粘膜萎縮があるC群、D群では胃粘膜ぼろぼろでピロリ菌でさえ胃に住めなくなる状態であると考えて下さい。C・D群では2%弱胃がんが検出され、A群は0%であったというデータもあります。

ABC検診はがんそのものを見つける検査ではありません。C・D群の高リスク群を拾い上げることはもちろんですが、近年、ピロリ菌に感染していないA群の割合が増えており、多くのA群の人たちが内視鏡による精密検診を受けないで済むこと、加えて簡便な血液検査で済むことが非常に大きなメリットなのです。
 
スポンサーサイト

痛風・高尿酸血症アップデート

尿酸に関しては糖尿病や高血圧、脂質異常症に比べて隅に追いやられているというか、講演会自体が希なのですが、今回40年ぶりに、しかも日本が開発した新薬が出たということもあり気になるので行ってきました。
尿酸生成抑制薬なのですが従来汎用されていたアロプリロールも副作用が少ない、主に肝代謝なので腎機能障害にも使える点が大きなメリットになりそうです。

非常に勉強になる特別講演でした。

脳を使ったあとは、久し振りに大学の周りと円山へ、なじみの小料理屋で一杯ひっかけたのでした。
プロフィール

suzukimasa

Author:suzukimasa
北海道江別市大麻にある小児科医院です
〒069-0843
北海道江別市大麻扇町3-4  ℡(011)386-5303
診療時間:午前9時~12時、午後13時30分~17時(水・土は午後休診)
休診日:日曜日、祝日

大麻西地区センター西隣です
江別方面から:2番通りを札幌方向に突き当たりのT字路を左に曲がるとすぐわかります 札幌方面から:3番通りを江別方向に大麻高校を経てセブンイレブンとENEOSのあるT字路を右折、右手にみえてきます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。