FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誤飲・誤嚥について

みなさん、風邪もひかず元気なようです

保健便りです。

移動が出来る生後5ヶ月から2~3歳までは目にするものすべてが珍しく,口に入れてその性質を知ろうとします.このため,いろいろな物を飲み込んだり,吸い込んだりしてしまいます。パニックにならないためにも、どのようなものが危険なのか知ることが大事だと思い、私が今まで遭遇した経験を踏まえてリスクを分けてみました。

安全なもの
紙、粘土、クレヨン、土、小石、プラスチックのおもちゃの一部分などはのどに詰まらせなければ数日のうちに便と一緒に排出されます。ちなみにプラスチックはレントゲンでは写りません。

ほとんど安全と考えらルもの
台所や住宅用の洗剤はほとんどが中性洗剤なので少量であれば問題ありません。乳児の味覚が発達していませんが、このようなものをごくごくと飲むことは考えにくく、ほとんど経験しません。乳液・化粧水も同様です。乾燥剤(シリカゲル)も問題なく便に出てきます。

場合によっては危険なもの
硬貨は数日のうちに便と一緒に排出されます。しかし、食道の途中に引っかかっているときは,食道の壁に穴が開くことがあるので、早めに取り出さなけれぱなりません。レントゲンで胃内にあることを確認することが必要です。針やくぎなどのとがった物は、胃や腸の壁を傷つけることがあるので,レントゲンでの追跡が必要。

危険 
ボタン電池(アルカリ電池やリチウム電池)は胃の中にあると胃酸で溶けて放電がおこり,消化管の粘膜を傷つけます.けして子どもの目に触れないよう管理して下さい。ピーナツや豆類を気管の中に吸い込んだときも危険です.豆類を食べている時に転んだりしてびっくりした時に吸い込むことが多いようです.遊び食べの習慣をつけないよう注意しましょう。
最後にたばこの誤飲の話です。昔は胃洗浄といって鼻から太い管を入れて生理食塩水で胃を洗っていましたが、近頃は1/2本以下なら経過観察が多いようです。食べにくく,たばこそのものを大量に飲み込むことはほとんどありません。危険なのは,吸いがらを浸した水はニコチンが大量に溶け出しているので、緊急に胃洗浄などの処置が必要になります。
絶対に周りにおいてはいけないもの
ボタン電池、中性ではなく強アルカリ性や酸性の洗剤、たばこ(缶などに入れて火を消したりするなどしない)、薬(おじいちゃんの血圧の薬をバリバリ食べていたなんてことも)、コイン(500円玉はさすがに飲めませんが・・・・)

そうはいっても誤飲した、してしまったかもしれない・・・際には最寄りの小児科に電話し、問題がなさそうでも3~4時間は状態を観察する(目を離さない)ようにしましょう。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

suzukimasa

Author:suzukimasa
北海道江別市大麻にある小児科医院です
〒069-0843
北海道江別市大麻扇町3-4  ℡(011)386-5303
診療時間:午前9時~12時、午後13時30分~17時(水・土は午後休診)
休診日:日曜日、祝日

大麻西地区センター西隣です
江別方面から:2番通りを札幌方向に突き当たりのT字路を左に曲がるとすぐわかります 札幌方面から:3番通りを江別方向に大麻高校を経てセブンイレブンとENEOSのあるT字路を右折、右手にみえてきます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。